光老化 肌トラブル 保湿 

シミ、シワ、たるみ 老化のサイン

紫外線のダメージで表れるシミ、シワ、たるみといった肌の老化現象を光老化と言います。光老化を起こすのは紫外線A波(UV−A)です。紫外線A波は波長が長いので真皮にまで届きコラーゲンを傷つけたり、シワの原因となる酵素を活性化、フリーラジカルも発生させるので免疫力の低下も起こします。

 

しかも紫外線のダメージで表れるシミ、シワ、たるみといった肌の老化現象を光老化と言います。光老化を起こすのは紫外線A波(UV−A)です。紫外線A波は波長が長いので真皮にまで届きコラーゲンを傷つけたり、シワの原因となる酵素を活性化、フリーラジカルも発生させるので免疫力の低下も起こします。

 

しかも雲や窓ガラスも透過するので一年中浴びています。肌の奥に蓄積され続けているのですが、これがある一定の量を超えると、溢れ出し、肌トラブルとなって表に出てくるのです。子供のころ、若いころに浴びた紫外線のダメージが肌に出始めるのが、30代前後ということなのです。

 

普段から浴びる紫外線の量をなるべく減らす工夫、UV−ケアの大切さは、ここにあります。

 

UV−Aは雲や窓ガラスも透過するので一年中浴びています。肌の奥に蓄積され続けているのですが、これがある一定の量を超えると、溢れ出し、肌トラブルとなって表に出てくるのです。子供のころ、若いころに浴びた紫外線のダメージが肌に出始めるのが、30代前後ということなのです。

 

普段から浴びる紫外線の量をなるべく減らす工夫、UV−ケアは、光老化を防ぐために大切なことです。

肌トラブルにはまず保湿!

では、肌トラブルとなって表れたダメージはどのようにケアしていけばよいのでしょうか。それは、保湿です!そして、そのためにまず見直すべきなのは、洗顔。

 

勘違いの洗顔で肌のバリア機能を低下させている場合があるのです。肌バリア機能が低下すると紫外線のダメージを受けやすく、シミ、シワ、たるみといった肌トラブルがより起こりやすくなります。

 

界面活性剤の多用は肌に刺激を与え、必要な皮脂まで落としてしまいます。ゴシゴシ刺激を与える洗顔もNGです。皮脂を落とし過ぎると潤いを保とうと皮脂の分泌が過剰になったり、角質が厚くなってゴワゴワしたり、毛穴をふさいでニキビの原因となったりします。

 

肌の汚れだけをしっかり落とし、必要な皮脂は残す、肌に刺激のない洗顔剤で優しく洗い、肌のターンオーバーを正常に保つことが大切です。

 

肌バリア機能が低下すると紫外線のダメージを受けやすく、シミ、シワ、たるみといった肌トラブルがより起こりやすくなります。紫外線とシミやシワ等との関係についても考えてみましょう。

シミと紫外線

紫外線が刺激となって表皮の基底層にあるメラノサイトが活性化して、メラニン色素を生成します。普通はターンオーバーで古い角質と一緒に剥がれ落ちるのですが、紫外線のダメージでターンオーバーが正常にできなかったりすると、メラニン色素が剥がれ落ちずに残ってしまうのでシミとなります。

 

シミはいくつかの種類があり、タイプによってケアの仕方も違ってきます。その中で一番気になるのが、紫外線のダメージが蓄積されたことによってできる「老人性色素斑でしょう。

 

美白化粧品は予防のために使うものです。ごく薄い初期のうちならメラノサイトの働きを阻止する、美白化粧品で消すことができるかもしれませんが、できあがてしまったものは皮膚の構造が変化していますから、美白化粧品で消すことは難しいです。

 

また、抗酸化作用のある ビタミンCは紫外線のダメージで発生したフリーラジカルを取り除き、肌を守る働きもあります。ポリフェノールやカロテノイドにも抗酸化作用があります。

シワ、たるみと紫外線

紫外線A波が真皮のコラーゲン、エラスチンの減少、変性をおこし、肌の弾力が減少することでシワやたるみができます。残念ながら保湿ケアで改善できるのは乾燥が原因で目元などにできる、小じわと呼ばれるちりめんジワだけです。

 

表情ジワや真皮のシワは、紫外線によるコラーゲンの劣化や減少で弾力を失って固くなることからできます。つまり、コラーゲンを増やし、変性を防ぐことがシワの改善につながります。

 

また、最近シワ、たるみの改善に注目されているのが アミノ酸の集合体ぺプチド。なかでも塗るボトックスと呼ばれているアルジルリン、とマトリキシル3000というペプチドです。

 

コラーゲンはタンパク質なので、胃の中で一度アミノ酸に分解されますが、それがすべて肌に使われるわけではありません。一方、ペプチドはアミノ酸ですから、肌のコラーゲンの合成を促進し、ターンオーバーを整えます。

 

ただ、一般的なスキンケア化粧品に配合されているコラーゲンは、表皮の保湿として用いられているのであって、真皮には届きません。

 

頭皮とたるみの関係。意外と知られていませんが、頭皮と顔の皮膚はつながっているので、頭皮が老化して弾力がなくなると、頭皮がたるみ、フェイスラインのたるみにつながります。頭皮の血行を良くして弾力を取り戻すと、フェイスラインのたるみの改善にもなります。

 

ビタミンCやコラーゲンといった美肌成分を肌が必要としている場所に 確実に届けるスキンケア化粧品がビーグレンのサイエンスコスメです。

肌トラブルの80%が、紫外線が原因の光老化記事一覧

浸透の実感!今までに体験したことがない効果の速さ。バイオ基礎化粧品b.glen
一般の化粧品に配合されている、肌の保湿をするヒアルロン酸や、優れた抗酸化作用のあるビタミンCは、肌に塗っただけでは真皮まで浸透しません。折角の成分が有効に使われていないのです。水溶性、脂溶性、どちらの美肌成分も必要な場所に届ける浸透テクノロジーを使っているのが、ビーグレンのスキンケア化粧品です。ビーグレンの浸透テクノロジーは、ブライアン・ケラー博士が開発したQuSomeという肌の細胞膜に似た構造の...